民明書房を探せ

皆様、民明書房という出版社をご存じですか?先日、ネットを見ていたら、渋谷のパルコで民明書房のトランプを手に入れて七並べをしたという記事が紹介されていて、懐かしいなと思い、筆を執りました。

民明書房とは、1980年代中頃、集英社の少年週刊ジャンプで連載されていた、宮下あきら先生執筆による“魁‼男塾”という格闘漫画で多く紹介されていました。1926年創業の出版社で、創業者は大河内民明丸です。大河内民明丸が世界各地の格闘技類の起源、秘密結社、風習等を取材した出版物を発行していることで知られていました。

例えば、撲針愚、グローブの代わりにスパイクをまとった鉄球を手に付けてパンチ以外でも頭や足を使ってもいいボクシングの事ですが、これを民明書房によれば“別名「ピカレスク・マッチ」と呼ばれるもので、通常のグローブの代わりに鋭利な刺のついた鉄球を手につけて行なうボクシングである。その起源は古代ローマ帝国、残虐好みで悪名高い、かのネロ皇帝の発案にあるという。

私が小学生の頃、民明書房の出版物が史実だと思い込んで、もっと色々と格闘技の起源や秘密結社等を深く知りたいと思い、民明書房の本を探しに書店を渡り歩いたものでした。しかしながら、どこの書店に行ってもありませんでした。私だけでなく、当時の多くの小中学生達は、民明書房の出版物を求めて書店に駆け込んだみたいでしたが、どこにもありませんでした。当時はネットというものが存在していませんでしたので、途方に暮れていました。

実際は民明書房が、宮下あきら先生が考案した架空の出版社で、事実と虚構を巧みに利用して、あたかも事実のように壮大に仕立て上げたものでした。その事実を知るまで数年掛かりました。ゴルフを使った技が出た時、解説で“棍法術最強の流派として名高いチャク家流に伝わる最大奥義。 この技の創始者 宗家二代 呉 竜府(ご・りゅうふ)は 正確無比の打球で敵をことごとく倒したという。 この現代でいうゴルフスイングにも酷似した 運動力学的観点からいっても 球の飛距離・威力・正確さを得る為に もっとも効果的であることが証明されている。 ちな みに ゴルフは英国発祥というのが定説であったが 最近では前出の創始者がその起源であるという説が支配的である。民明書房刊「スポーツ起源異聞」”という記事を読んで、流石にこれは虚構だという事を気づかされました。ゴルフの中国起源で創始者が呉竜府はないでしょう。これを読んでもまだ信じた人がいたようでした。それでゴルフの起源はイギリスだと言うクレームのハガキや電話が大人の読者から集英社に送られたりして、宮下あきら先生も驚いていたようでした。民明書房の解説は虚構ではあるが、「嘘か本当か微妙な境目がミソ」と宮下あきら先生が語るように、いかに事実であるかのような解説が多数ありました。

“魁‼男塾”自体は、1991年の中頃に連載が終了しましたが、その後2001年に“暁‼男塾”が連載され、作中に大河内民明丸本人が登場しました。その頃になると解説が少し雑になってきて、如何にもインチキだという事が分かりやすくなりました。民明書房はというと、2004年に“民明書房大全”として今まで登場した記事のまとめた物が発行されました。私が買った当時は1500円位でしたが、現在アマゾンのコレクター商品で49,998円の高値が付いていましたので色々な意味で唖然としました。

くまのぷーさん展へ

先日、くまのぷーさん展へいってきました。
やはり大人気で少し混んでいましたがぷーさんの可愛さに癒され、人混みが苦手な私でも終始ニコニコしていましたっ!
ぷーさんの名言で、こんな言葉があります。
自分を変えるものは、自分で作るのだ。
ぷーさんの本をたくさん読んできたのですが、この言葉は中でもすごく好きな言葉です。
今までは、きっかけがないと自分は変わらないという考えの私でしたが、自ら動き変わろうと思えるようになってから、前向きにもなれたし、何より自信もついてきた気がします。

ぷーさん!素敵な言葉をありがとう:blush:

回転一枝

初めて日暮里に来た時、東口にある馬に乗って弓を引いている武将の像と近くにある女性の像に興味を持ちました。石碑を見てみたら、太田道灌の像と紅皿という女性の像でした。

像の横には、道灌の「山吹の一枝」の故事にちなんで、それを契機に文の道に目覚め同道灌が、まさに「回天」の勢いで分の道を極めたことを表現しようと「回天一枝」という作品名を、作者の橋本活道と鈴木俊一元都知事がこの太田道灌騎馬像に命名いたしました“という石碑が立っていました。

山吹の一枝とは、“鷹狩りの途中で道灌が急な雨に遭遇し、路傍の農家に立ち寄り、蓑を借りようと声をかけると、一人の娘(紅皿)が出てきて、黙って一枝の山吹を捧げた。

「七重八重花は咲けども山吹の

実の一つだになきぞ悲しき」

(後拾遺和歌集・兼明親王)

 「山吹」の意を得ずに、憤り帰った道灌は、家臣から「山吹」の意を告げられる。娘(紅皿)が古歌に託して「実の」に「蓑」をかけ「お貸しできる蓑もございません」と詫びていたことを知った道灌は、和歌の道に精進するようになったと言われている。“という伝説です。

山吹の一枝伝説の舞台の一つが荒川だという説があるので、平成元年12月に東京荒川ライオンズクラブ寄贈により、この太田道灌像が設置されたみたいです。

太田道灌とは、室町時代中期の文武両道の武将で、徳川家康よりも前に江戸城を築城したことで知られています。関東管領の山内上杉氏の分家、扇谷上杉定正に仕え、数々の戦において活躍しました。また歌道に通じてさまざまな和歌を残しました。しかしながら、道灌は家中において影響力を拡大し、道灌状において自分は正当に評価されてないと不満を述べていたので、下克上を恐れた主君の上杉定正によって1486年に暗殺されました。

太田道灌が紅皿に出会って和歌に精進したように、人間どんな出会いがあってどのような影響を受けるか分からないものですね。

七福神巡り

初詣に行ってきました。今回は「日本橋七福神巡り」をしようということになりました。水天宮からスタートし、色紙を購入。最初から全部スタンプが揃ったバージョンのもので、これだと全部の参拝をしなくても遠くから拝めば大丈夫だと言われました。足の悪い私にはありがたいお言葉。

後にこちらを購入しておいて良かったと思いました。なぜかというと、「小網神社」だけはこの混みよう。なので、こちらは並ばずお札等だけを購入しただけで次々に回りました。

途中で面白いものに遭遇。以前大阪で見かけたのと同じ、速達専用のポスト。こんなものがあるんですね。

と、いうわけで今年は良いことがありますようにと七福神巡りは終わったのでした。皆様にも幸運が訪れますように…。

幸福の木

数年前から家に置いてある「幸福の木」に何と花が咲きました。
大分蕾が伸びてから気づいた。大体花が咲くなんて知らなかったので、早速調べてみると、10年〜20年に一度、または強いストレスがかかった時にしか咲かないそうで、はて、どっちなんだろう?

花は夜しか開かない。そしてかなり強めのフローラルのような香り。我慢できない人もいるそうです。朝には閉じてまた夜開くをしばらく繰り返すのだそう。
この珍しい光景はいつまで続くのか?見守るとしよう。

 

ニッポン全国物産展

今年で3年連続で行って来ました。
毎年「大間のマグロまかない丼」がお目当て!
大間のマグロは年々捕獲量が減っているらしいけど今年も出店していました。

にぎりネタの切り落とした部分を乗せたまかない丼、1000円。
やっぱり美味しい!
他は、塩麹で漬け込んだ唐揚げや漬けブリに出し汁をかけたお茶漬けをいただきました。

また来年も行けたらいいな!と思います。

ラーメン三昧

新宿の大久保公園のラーメンのイベントに相方と行って来ました。
2人で3種類のラーメンをシェア。
どれも何となく濃い味だったかな…
「これは絶対にビールを飲ませる作戦だな!」って感じでした。
細麺、中太麺、太麺、それぞれ食べてみましたが、私は中太麺が一番美味しかったです。


2〜3日ごとに出店しているお店が変わるので、お好みのお店を決めてからお出かけするのをオススメします!

Happy Halloween!!

あともう少しで、10月31日ハロウィーンですね。

日本のハロウィーンと言えば、仮装した若い人が、お酒を飲んだりして、
ワイワイ騒いでいるイメージがあります。

元々、ハロウィーンは、アイルランドのケルト民族の死者の祭りが起源で
アメリカに渡りました。アメリカでは、ジャック・オー・ランタンと呼ばれる、
カボチャをくり抜いて、その中に蝋燭の火を灯した物を、家の前に飾って、
子供達が仮装して「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと悪戯するぞ)」と言って、お菓子をもらいに近所を練り歩いて祝います。

日本では、1997年に東京ディズニーランドでハロウィーンのイベントを開催して以来、
仮装して祝うようになったらしいです。

ハロウィーンと言えば、ここ数年、渋谷でのバカ騒ぎが問題になっていますね。
例えば、ゴミの散乱が問題になって、渋谷では、ハロウィーンの日に飲食物を売るのを止めたり、昨年でいえば、ハロウィーンの前日に停車中の軽トラックを何人かで横転させて逮捕者が出たことが問題になりました。

ハロウィーンは、他人に迷惑かけずに楽しみたいものですね。

ガーリック&チーズ

ガーリック&チーズパラダイスに行って来ました。

800円、1000円、1200円と少しお高めでしたが3品購入しいただきました。もつにチーズを乗せて焼いたのは、初めて食べた味でとても美味しい。汁なし坦々麺は一番辛くなさそうなのにしたけど、めっちゃ辛くて友人はギブアップ。残りは私かい!と思いながらも食べ続けましたが、辛いんだけど後引く辛さで完食!かなりガーリック臭くなっていたと思いブロスケアを食べましたが、それでも相当臭っていたと思います。周りの皆さんごめんなさい。

お写んぽしました(4)

10月になりました。
それでも夏の暑さがまだ感じられます。消費税が上がるので、ロングカーディガンを格安で購入したのに出番はなさそうです。それでも花は季節を感じているようで毎年同じ時期に咲くようです。
隅田川の河原に曼珠沙華(マンジュシャゲ)が咲くスポットがあるんです。
曼珠沙華は彼岸花(ヒガンバナ)とも呼ばれていますが、どことなく死をイメージする花です。それは「曼珠沙華には毒があるからだ」という一節があるそうです。でも、緑に映える赤い花姿は個性的で私は嫌いじゃないです。(むしろ好き)
カメラ好きな人はこの花をどんな風に撮ろうかなと毎年考えるのが楽しみなのではないでしょうか。
インスタグラムで#曼珠沙華、#彼岸花で検索するとたくさんの写真がヒットします。私の今年の曼珠沙華はマクロレンズでグイッと寄って、曼珠沙華のパーツに着目してみました。

↑ 花びらのくるくるん。シュシュッとした雄しべ。

↑ 曼珠沙華の中で働くアリさん。人間には有毒な曼珠沙華ですが、アリさんには無毒なんでしょうか。不思議ですね。スマホ用のマクロレンズもあるそうですね。マクロレンズを通して見ると何気ない日常も非日常になります。
ぜひ一度お試しください。

夏が終わる…

TOHOシネマズ日本橋に某バンドのライブビューイングに参加する為、コレド室町2に行って来ました。金魚展を開催している為なのか浴衣姿の女性がチラホラ。ビルとビルの間に小さい神社があり、風鈴がたくさん飾ってありました。

強くもなく、弱くもない風が吹くと綺麗な音色が聞こえて、何となく夏の終わりを感じて少し寂しくなりました。でも風は秋らしくなったけどまだまだ暑い日が続きますね。

季節の変わり目、何かと調子が悪くなりがちです。
頑張り過ぎず力まず、自然に身を任せてみようかな…と思う今日この頃。

⁇⁇

日暮里駅からstudioに向かう途中にある自動販売機に妙な飲み物が…「なんちゃってオレンジ」
「しょうゆではありません」誰が買うのでしょう?「なんちゃって」ということはオレンジではないの?
でも「しょうゆ」じゃないならオレンジなの?誰か教えてください!

何故こんな所に?

先日、区民センターに行った時に見つけました。
何故こんな所に「二宮金次郎」?普通は小学校の校庭の端の方とかに建てられたり、今は廃校になった学校にそのまま放置されていたり。去年通った時にはなかったはず。
それにしてもお好み焼き屋さんの隣に、しかも台もなく置かれている「二宮金次郎」。
大切にされているのか、そうじゃないのか…謎だ。

台風15号

先日、関東にも上陸した台風15号。朝6時の空模様。


そして午後2時頃の空模様。午後の空は不気味な入道雲が広がっていました。


これからどれくらいの雨風になるのか、本当に上陸するのか不安な時間が流れ…
予報よりかなり遅れて豪雨と暴風が始まり、一度寝てはみたものの風の音で目が覚めて二度寝も出来ず気分はもやもや。
雨戸を開けてみたら隣りの駐車場の柵が見事に折れていました。私の家は築うん10年のボロアパート。
あの暴風の中、飛ばされることもなく良く無事だったなぁと思いました。

お写んぽしました(3)

今年の夏はひどく暑くて熱中症も何度か体験した事もあり、作業所がお休みの日は自宅にこもりきり。おかげでクラフト捗りました(やり過ぎだったかも?!!)。

先日、手芸仲間と会うために近所の荒川区のふれあいひろば館にお出かけしたんです。そしたらそこに向かうまでに数匹のニャンコに遭遇。なんて遭遇率が高い高い地域なんでしょうシャッターチャンス来た!!!

でもこの子たちの居場所は内緒です。
#僕らの居場所は言わにゃいでというハッシュタグを検索するとわかりますよ。
ぜひ検索してみてね。あーにゃんこと暮らしたい…