Home メンバーのひとりごと 日々の出来事 音楽の話。第1弾。Mr.children

音楽の話。第1弾。Mr.children

最近ちょっとイイナーって思ってるアーティストがいてその方が「センチミリメンタル」ていうのですが、ごく最近まで「センチメンタル」だと思っていました。あっ…惜しい(笑)。「ミリ」がすっかりうっかり抜けている…(笑)。ファンの人に土下座して謝ります。本気と書いてマジで(笑)。←反対か?マジと書いて本気で…。うん。どっちでもえーわー(笑)。

3度目のこんにちは!!皆様いかがお過ごしでしょうか?脳が昭和に戻ってしまい、昔のアーティストを地味に掘り起こして「BUCK-TICK」の櫻井敦司様の未だに衰えぬ美貌にマジで崇め奉りたくなったぶーこです(笑)。

今日は音楽の話。いきなりですがぶーこはいつもある思いで日本の音楽を見ています(えらそうですなー)。それは「天才」はぶーこの中では1人しか見つからないなーという思い。そう。この日本に「天才」と呼べるアーティストは1人しかいません。「美空ひばり」さんですね。ぶーこはこの人以外「天才」と感じた事はありません。ただ上手い人はいっぱいいます。Mr.childrenもその上手いアーティストかと思います。

さて皆様は音楽を聴く時、何を重視して聴きますか?歌詞でしょうか?声?音楽そのもの?ぶーこは歌詞から入ります。すごーい昔は「フィーリング」でした。あっいいなくらいで聴いてました。でもある日親友(男の子)が出来ました。今は違いますがその時はとっても仲良しだったのです。まぁ少し恋心もありました。えへっ。まぁー友達と付き合って結婚しましたけど(笑)。おっと脱線してしまった(笑)。で、その元親友くんが大好きだったのがMr.childrenで、当時その影響が色々な意味で凄くぶーこもハマっていきました。うん。どっちもね(笑)。
ぶーこは楽しかったんだと思います。Mr.childrenが作る歌詞の意味を元親友と考え話し合えるって事が。元親友の話についていけてるっていう何だかわからない謎の自信と共に。あー淡い青春の1ページですなー(笑)。
今もその時のクセが残っていて、まず歌詞を見る事からしています。元々ぶーこは考える事が好きなのかMr.childrenのように割と難解な歌詞も大好きですし、単調な誰もが、100人いたら100人が100%わかる歌詞も好きです。日本語が好きなんだと思います。言葉はその人の取り方でいかようにも変化します。正解、不正解がありません。ただ考えるというのは人間を知るという事になるなと感じた時ぶーこは歌詞の意味を沢山考えるようになりました。これがぶーこには多分合っていたのかなと思います。楽しいですね。考えるたびに自分がどれだけ知っているのか、どこまで考えれるのか、どんな感想が出てくるのか、自分の知らなかった言葉が出てくるのかなどなど。考える事が好きなぶーこにとっては楽しい作業の1つです。とまぁーMr.childrenはぶーこにとって言葉の楽しさ、人の思いの多様さを教えてくれるアーティストでした。今はあまり聴く事がなくなりましたが。青春ですねー(笑)。本当、色々な意味で。
Mr.childrenには言葉の意味を考えさえる力がもしかしたらあるのかなって思います。皆様もぜひやってみて下さい。考えていって物語を作っていくみたいなのを。歌詞は1つの物語になりますから、全部自分なりの解読が終わった時、自分なりの物語になっていると思います。きっとアーティストの皆様は、感じ手が感じるままでと思いながら作っているのかもしれないですね。それがその人にとっても正解なのかも。

3度目も何も変わらず己の趣味満載の記事になりました。いつも通りですね(笑)。また機会があったらお会いしましょう。それではまたね。バイバーイ。

Related Post

電話をかける
Secured By miniOrange