嬉しかったこと

私の親戚の子(男性、30代)が経営しているバーが4月1日でオープン2周年を迎えましたが、新型コロナウィルスの影響で営業を自粛しています。
常連のお客様からは、たくさんのお花が贈られてきたようです。
その中から花束になっていたお花を初めて自分で生けたそうです。
「30代の男性が人生初でお花を生ける…」なんて優しいんだ!と嬉しくて感動してしまいました。(普通は枯れたらポイですよね)
ブログに載せていいか確認した時も「全然使って〜」と言ってくれました。
生け花も同じですが、フラワーアレンジメントも二度と同じ作品は作れません。
同じ花材でも人それぞれ、全く違う作品になります。そして、その時の心が現れると言われています。だからどんな作品だってメッセージが込められていると思います。小さくまとまらず大胆に高く生けたのは彼の気持ちが小さくなっていないからなんじゃないかな、薔薇を一番下に持って来たのは、縁の下の力持ち。家族4人をそっと見守り支えているんじゃないかなと感じました。
現在、大変な時期だと思います。
でも彼や常連のお客様を見ていると、この子は絶対負けないと思い安心したのが正直なところです。
コロナがこの世界から消えたら、真っ先にお店にお邪魔しようと思います!
その時は私の好きなもの、たくさん用意しておいてね(^^)